ZZR600 最高!

ZZR600 ソロツーリング モトブログ 旧道大好き

ヘッドを加工する

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

一番厄介なところをドリルで仮穴をあける。

そして大きめのドリル刃で穴をあけるが、裏まで一気にあけない事。

裏からもある程度あけておき、最後に表から貫通させる。(裏側の材が剥がれな様にする為)

あとは、ノミやサンディんグで仕上げていく。